top of page
  • 執筆者の写真Cafe-Couleur

醤油搾り


『醤油搾り』

先日26日は我が家での3年振りの醤油搾りでした✨✨


手作り醤油を作り始めてもう10年。

毎年お世話になっている醤油の師匠「岩崎先生」は、今年も元気に長野からやって来て下さいました。


ただ美味しい手作り醤油を作るだけではない…醤油作りを通して出来る多くの学びを教えて下さいます。


以前から醤油作りのメンバーだった人も数名いますが、ほとんどが今回初めての人達ばかり…皆んな興味津々、楽しそうに作業をしていました。


搾りたての生醤油をお湯で割ると、出汁をとって作ったすまし汁のような香りと味わい。


これぞ発酵の力!!


生きた菌、微生物たちが作ってくれた味わいです!!


その生醤油搾をかけて食べるご飯やうどんの美味しいこと✨✨


お昼タイムには、皆んなの持ち寄りも並び、美味しくて楽しい時間を過ごしました。


一晩我が家に泊まった先生とは、娘夫婦と孫たちも交え、夕食を食べながら、またまた先生のお話に感心したり、驚いたり…孫達にも分かりやすく丁寧に説明してくれるので、孫達も楽しそうに聞いていました。


そして翌朝は、朝食をとると7時には出発して次の搾りの地に向かいました。

本当にお元気な先生✨✨


これも醤油の力なのね!と思いながら先生を見送りました。


来年もその次もその次も…来て下さいますように、どうかお元気でいて下さい。

今年も本当にありがとうございました✨✨


一緒に醤油作りを楽しんでくれたメンバーの皆さんも、本当にありがとうございました✨

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ほうとうプレート

今回の彩りプレートは"ほうとう"のプレートです。 "ほうとう"と言えば、山梨県民のソウルフード✨✨ 昔、山間部の多い山梨県では水田が少なく、米飯は貴重なもので、代わりにほうとうが食生活の中心だったそうです。 ほうとうの麺を打てないと一人前ではないと言われ、嫁入り修行の第一歩だった時代もあったようです。 平打ちの太麺を野菜やキノコと一緒に味噌仕立てでぐつぐつ煮た"ほうとう"は栄養満点✨✨ 私にとって

Opmerkingen


bottom of page